メガネのサカイ(酒井時計店)

福島県石川郡石川町下泉165  電話 0247-26-2716  毎週火曜定休 営業時間 9時~19時

カテゴリ: その他商品

今日の石川町 晴れ



N様にレンズ交換のご依頼をいただきました。

IMG_4057

IMG_4059

N様の私物であるフレーム 「MOSCOT」 アメリカンクラシックを代表するメガネブランドです。

IMG_4058

太目のテンプルが絶妙です。

IMG_4060

IMG_4061

アリアーテトレス フォレスト85FC RMC(裏面マルチ)。
RMCを加えることでサングラスとしてのカッコよさが格段に上がります。カラーだけに比べると金額面での負担は増えますが、本物志向のお客様にはお勧めです。

N様ありがとうございました。(健)


https://www.instagram.com/meganenosakai/

メガネのサカイ インスタグラムも是非是非ご覧下さい!!

今日の石川町 晴れ


IMG_4006

マサキマツシマにミント(ツインカラー)RMC

IMG_4005

ラインアートにコットン(ツインカラー)

IMG_4008

アクアリバティーにフェアブラウン25%FC

IMG_4007


アクアリバティーにブリーズブルー25%FC


店頭サンプルとして作りました。
レンズに色を入れることで、メガネフレームに変化がおこりますし、場合によっては劇的に雰囲気が変わることもあります。。(健)


https://www.instagram.com/meganenosakai/

メガネのサカイ インスタグラムも是非是非ご覧下さい!!


今日の石川町 晴れ



先日N様にお求め頂きました、ジョンレノン JL1064 ④ 43サイズです。

IMG_4013

IMG_4011

IMG_4010

ジョンレノンのフレームはユニセックスなので小顔の女性であるN様にはやや大きめでしたが、テンプルを約15mmカットし、かつテンプルカーブもより内側に入るように調整しました。


IMG_0605

IMG_4009


もはや説明する必要もないでしょう、世界的に大人気で音楽界のカリスマである、ジョンレノンが生前愛用した丸メガネをベースにデザインし発売したモデルです。
N様ありがとうございました。 (健)


https://www.instagram.com/meganenosakai/

メガネのサカイ インスタグラムも是非是非ご覧下さい!!

今日の石川町 晴れ


IMG_3378

先日、H様にお求め頂きました スワンズアイガード SVSー501 クリア×ブラック 56サイズ です。



IMG_3379


お客様からスポーツ用のメガネ(サングラス・ゴーグル)が欲しいという問い合わせはよくあります。しかし一言でスポーツと言っても陸上や球技などでは競技の性質がまったく違いますので、お勧めする商品も変わってくるのです。


例えば陸上競技であれば基本的に顔に何かがぶつかる(メガネに衝撃が加わる)ということはプレー中起こりにくいのですが、球技(サッカー・バスケ・バレーなど)はそれが非常に起こりやすいわけですね。


IMG_2084

IMG_2032

スポーツ用メガネの代名詞といえばオークリーです。フィット感に優れ軽くズレにくいのが特徴ですが、耐衝撃性という点では心配な部分もあります。

IMG_3381

スワンズアイガードは関節がなく一体にちかい構造なので、強い衝撃が加わってもメガネは変形しにくいのです。

後ろに付いてるバンドで掛け具合を調整します。


IMG_3380


鼻の部分には大きめなラバーが付いてるので、フィット感・顔の保護という点でも安心です。

IMG_3382

H様はハンドボールで使用するそうです。スワンズアイガードなら破損の心配も少ないので安心してプレーできますね。H様ありがとうございました。。(健)




今日の石川町 晴れ


IMG_3269



IMG_3270



IMG_3271


「貴女を美しくする魔法のメガネ」でお馴染みのエス・プロローグ。

S-028 2 51サイズをM様にお求め頂きました。



IMG_3272




IMG_3273


エスプロカット(レンズの裏面カット)により、メガネのふちがないのにあるように見え、レンズのカラーが美しく彩られる為に上品にエレガントに演出できるのです。



IMG_3274


日本女性(大和なでしこ)の本来の素肌の美しさを引き出し、その方の魅力を引き立てる美しいメガネ、それがエス・プロローグです。こちらのS-028は2週連続の販売になりましたがサイズやカラーが違うと雰囲気も変わりますね。M様ありがとうございました。(健)

このページのトップヘ