メガネのサカイ(酒井時計店)

福島県石川郡石川町下泉165  電話 0247-26-2716  毎週火曜定休 営業時間 9時~19時

カテゴリ: 日々の出来事

今日の石川町 くもり



先日、個人アカウントでFACEBOOKに投稿した内容ですがブログにもUPします!


『もらって嬉しい御礼状』


先日も投稿しましたが、福島県いわき市にある酒のしのぶやさんで売っている例の甘酒!あんまり美味しかったんでリピートしちゃいました🍷



DSC_0965


そしたら店主の佐藤さんからの御礼状(手紙)が入ってたんですけど、この御礼状すごいインパクトありませんか私はこの御礼状を見た瞬間、頬が緩みました(^^)私へのメッセージや甘酒の紹介、何より「買ってくれてありがとうね」の感謝の気持ちがめちゃくちゃ伝わってきますよね!


DSC_0954


DSC_0956

...


欲しかった商品が届いただけでも嬉しいですけど、こういったもらって嬉しい御礼状だったりすると、嬉しい気持ちが倍増しますよね!

うちのお店でも郵送の時は御礼状を付けてますけど、手書きというだけでもらって嬉しい御礼状ではない気がしてきました(^_^;)
次回からは、佐藤さんのような御礼状を心掛けて書いてみようと思います(^^)


今日の石川町 晴れ



DSC_0932


「これからの商売はネットやSNSにも力を入れてかなきゃ置いてかれるよ」

パソコンの普及により10年くらい前から、こんなたぐいの言葉を耳にするようになりました。


2012年に来年実家に戻ろうと決意してからは、特に個人のメガネ屋さんの情報を集めようとパソコンでいろいろ調べるようになりました。調べてみて分かったのはお店のHPやブログを持っているメガネ屋さんが多いことです。内容としては、うちではこういう視力検査をしてます。こういうサービスがあります。こんなブランドを取り扱ってます。店主やスタッフの日記…こんな感じのお店が大半でした。また、店主やスタッフがFacebookやTwitterなどでも宣伝活動をしてるとも聞いたので、2013年の頭くらいから「とりあえず試しに…」と私はFacebookを始めました。その年の秋に実家に戻り翌年には実家のブログを立ち上げたんです。


DSC_0934

入荷した商品やお客様に買って頂いた商品の紹介が中心の内容で、ブログに投稿した記事がそのままFacebookにも同時投稿される仕組みです。

DSC_0933

DSC_0931

こんな感じでニュースフィードと呼ばれる、みんなが見れるページにお店のブログの投稿が紹介されるんです。


なぜこのやり方をしたのかというと、当時というか今もメガネ業界ではこの手法をされているお店さんが多かったので、この手法が正解なのか不正解なのかは置いといて、とりあえず右に倣えで真似してみました。

それから3年間ひたすらこの手法を続けてましたが、「本当にこのやり方でいいのだろうか…」と考え始めてた頃です。


DSC_0752

今年の4月に所属してるメガネ屋さんのボランタリーの勉強会で、エクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の藤村正宏先生のセミナーを受講しました。セミナーはとても興味深く面白い内容であっという間の3時間でした。

※ 内容は後ほど書きます


興味がわいてきたので翌日からエクスマについて調べ始めたんですけど、エクスマの塾生の方(エクスマはセミナー以外に塾というものを開催しており、入塾するとより本格的な指導を受けれるそうです)のブログやSNSの投稿を見てみると、「とにかくみんな楽しそうなんです」。何故か読んでるこちら側まで幸せな気持ちになってきます(笑)


そうしてるうちにある人のあるブログにたどり着きます。


DSC_0935

福島県いわき市にある「酒のしのぶや」という酒屋さんの店主のブログです。酒屋なのにジーンズを売っているという前例がない面白いお店です。

店主の佐藤浩一さんは私が通っていた高校の柔道部の先輩で、私は学生の頃から一方的に佐藤さんのことは知っていました。佐藤さんのブログの存在は前から知っており、やっぱり読んでて面白かったのでちょくちょく覘いてたんです。そして改めて読んたらエクスマ塾の卒業生だということが判明しました。


佐藤さんのブログは読んでいて、明るく前向きな内容のものがほとんどで読んでいると元気が出てきます。

「どうやったらこんな内容のブログが書けるのだろう?毎日何を考えているのだろう?どういう思いで仕事に取り組んでいるのだろう?エクスマに入塾してどうでしたか?」

などなど、聞きたいことがたくさんありました。

そこで、思い切って訪ねて直接お話を聞いてみようと、Facebookのメッセンジャーという機能でメッセージを送ってみました。無事にコンタクトを取ることができ休日を利用して「酒のしのぶや」さんに伺ったのです。



DSC_0936


店主の佐藤浩一さんです。

※ 佐藤さんのSNSのプロフィール画像をお借りしました


佐藤さんは写真だけ見ると一見怖そうに見えますが、実際にお会いして話してみると誠実でとても優しい方で、私のどんな質問にも丁寧に答えてくださりました。


その話の中で佐藤さんにご指摘頂いたのが、


「SNSでみんなが楽しくコミニケーションしてる中で売込みばかりしてたら、見てる人はどう思うだろうか?」

「SNSの中ではなく、実際に街中で友達と顔を合わせるたびに売り込みをしたらどう思われるだろうか?」







「はい…嫌われますよね(泣)」

業界内で周りがやってるから気にしてなかったですけど普通に考えればその通りですよね。



DSC_0931

週に2~3回こんなのが自分のニュースフィードに投稿されてたら、リアルな友達は普通に引いちゃいますよね。
私の場合は個人のアカウントで投稿してたのでなおさらです。SNSを間違って使ってしまったパターンです…

業界のお友達は情報収集にもなるので見てて楽しいかもしれないですけど、メガネやサングラスに興味のない私のお友達はさぞや不快だったと思います。これをやっとけばビジネス的にとりあえずは間違いないかと思ってたことが逆効果だったわけですね。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです(泣)



DSC_0752

ここで藤村先生のセミナーのお話に戻ります。


特に印象に残ったのがこちら

DSC_0756

あるお店が、どんなに素晴らしい技術で、どんなに素晴らしいサービスで、どんなに価値のある商品を扱っていたとしとしても、それがお客様に知られなかったらそのお店は存在しないのと同じことなんです。


DSC_0754

日本にあるそれぞれの件数です。美容室はすごい数ですね。


私は学生から社会人にかけて各地を転々としましたので、引越しをする度にその地の美容室や病院を探しました。地元の人に聞く以外は自分で情報を収集しなくてはいけないので、当然ネットで調べて探すわけなんですけど、お店のHPやブログ・SNSを持ってないお店さんはこの状況だと候補にすら上がらないことになります。これって凄く勿体無いですよね!?ものすごーーく素晴らしく評判のいいお店でもその人が知らなかったら絶対に行けないわけですから。



DSC_0761

DSC_0751


スマホの普及でこれだけの人がSNSやブログをやっています。SNSやブログで情報を発信し続けないとお客様からは忘れられてしまうわけなんですね。

ただし、私のように間違った発信の仕方だと逆効果になってしまうのでご注意下さい(笑)

DSC_0768

佐藤さんからはSNSの上手な活用の仕方などいろいろとアドバイスして頂きました。

もちろんメガネ屋なので商品紹介は必須です、ただし発信の仕方を変えていこうと思います。Facebookの投稿も「最近自撮りが多いけどどうしたの?何かあった?」とか、不思議に思われるかもしれませんが確固たる理由があってのことですので温かい目で見守ってて下さい。


「佐藤先輩、先日は親切丁寧に相談に乗って頂き本当にありがとうございました。好間柔道部の懐かしいお話も出来たのでとても楽しかったです。SNSを楽しんで使えるように頑張ります!」


DSC_0923

DSC_0924

DSC_0925


先日のFacebookに投稿した記事の一部です。

「酒のしのぶや」さんの佐藤さん曰く「(ぼくの中で)日本一美味い甘酒」を購入するのも目的の1つでした。






今回、お伺いした第1の目的は書くと長くなるので今度ブログに載せようと思います。

第2の目的が、下記にある「(ぼくの中で)日本一美味い甘酒」を購入するためです。

甘酒って人生で数えるほどしか飲んだことがなくて、正直美味しいと思ったことは一度もありませんでした。


けど…


この甘酒は本当に美味しいです!

「あまーーーーーーーい(^o^)」

砂糖不使用で、お米と米麹で作られてるのにすごく濃厚!でも飲むとまろやか!最初は冷したのをストレートで飲みましたが、氷と牛乳で割って飲んでみたら、粒々といい感じに交わってスイーツのようになりました(^^)

豆乳やヨーグルトなんかで割っても美味しそうですね



甘酒は物凄く栄養価が高いそうで、「飲む点滴」とか「飲む美容液」とも言われてるそうです。こんなに美味しくて体にいいなら、飲む習慣をつけてもいいかもしれませんね!






「ちょっと気になる!飲んでみたい!」という方は是非、酒のしのぶやさんに問い合わせてみてください。。(健)

http://sakenoshinobuya.com/

















今日の石川町 晴れ



DSC_0883





先日、福島民友新聞社様の「ニューリーダーの視点」というコーナーに取り上げて頂きました。

※ 福島民友(ふくしまみんゆう)は、福島県福島市に本社を置く福島民友新聞社が発行する地方紙です。






メガネ業界の方、特にREALファンの方には馴染みのある言葉がちょいちょい出てますね。

「メガネ選びは(お客様との)真剣勝負」

「メガネは単なる視力矯正の道具だけでなく、掛ける人に自信を与え人生をプラスにする(可能性を秘めた存在)」

これらは当店の主力ブランド「REAL」のオーナーである井上氏の言葉で、私が感銘を受けた言葉でもあります。



記事の内容の補足ですが、私は外国製のメガネはダメと言ってるわけじゃないですよ。

外国製でも品質やデザインに優れたものや、コスパが非常に高いものなど素晴らしいブランドがいっぱいあります。現に当店で人気のあるオークリーやレイバンは外国製ですし、セット商品のアイクラウドという韓国製のメガネはそのコスパの高さから生産が追い付かないくらい、日本中で売れてるブランドなんです。


そういった素晴らしい外国製のメガネもたくさんありますが、それでも国産のメガネを1度は掛けて欲しいと思うのは日本のメガネ工場には世界一の技術力があると思うからです。

軽くて丈夫で型崩れしにくく、掛け心地が良い、何より日本人が掛ける前提で作られてるのでフィットしやすいのです。まさに長所だらけの国産メガネ。


また、国産のメガネの約97%は福井県の鯖江市で生産されてますが、国産が売れないと日本のメガネ産業が衰退してしまいますし、鯖江の老舗企業が倒産してくと、拘りのある作りの国産メガネはどんどん減っていってしまうわけです。


きちんとした統計ではなく、個人的な調査からだと日本のメガネ人口の70%くらいは外国製メガネを掛けてると思います。それが良いとか悪いとかっていう問題ではありません。

例えばこれを車業界で考えてみましょう。MAZDA・TOYOTA・日産という世界的企業が自国にあるのに街中で外国製の車がたくさん走ってる…

お米で考えましょう。米どころの新潟県で、県民がコシヒカリを食べずにタイ米やオーストラリア米を食べている…

そんな奇妙な現象が日本のメガネ業界では起きてるというわけです。


現在、メガネ業界は厳しい時代が続いており、20年後には個人店が減少しチェーン店しか残ってない可能性もありえます。当然拘りのある国産メガネも激減してることでしょう。

そんな暗い時代にならないように、鯖江の未来を守るために、メガネ屋で働く一人一人が国産メガネの素晴らしさをお客様に伝える伝道師にならなくてはいけないと私は思います。



前置きが長くなりましたが、先日この新聞を見たのをきっかけにお客様が来店してくださいました。当店からは車で2時間弱の会津という地域からお越しくださいました。

メガネは購入後、掛け具合の調整やメンテナンスが必要なので近隣のメガネ屋さんで購入しないと不便なことが多いです。それにもかかわらず会津から石川町へ遠路はるばるお越し頂き、驚きと感謝の気持ちでいっぱいでございます。

当日私は不在だったため、お客様にはお会い出来ませんでしたので、この場を借りてお礼申し上げます。



「W様遠方からのご来店まことにありがとうございました。」





日々、地元の皆様から愛されるお店創りを目指していますが、

「ちょっと遠いけど面白そうなメガネ屋だから行ってみよっか」

遠方のお客様にも興味を持って頂けるようなメガネ屋でありたいと思った1日でした。。(健)




今日の石川町 晴れ


12月6日(火) 15時50分~に放送した福島中央テレビ「ゴジてれChu!」番組内の
「母心のススメ(仮)」というコーナーに少しだけ出演しました。


※ 前回出演したのはこちら

http://megane-sakai-1905.blog.jp/archives/59559504.html




DSC_0528


DSC_0527

今回は石川町の非公認ヒーローの謎に迫る企画でした。

DSC_0503

あさひ公園からロケスタート

DSC_0505

とりあえず誰かに聞こう!という流れで・・・

DSC_0506

メガネのサカイに聞くか!となりました。

DSC_0507

今回はアポなしだったので、母心さんがいきなりお店に入ってきてそれはそれは驚きました。

DSC_0508

新作のメガネ見せて!と言われたので。

DSC_0509

REAL RF163GOD を試着です。

IMG_3080
IMG_3081
IMG_3082

REAL RF163GOD 06 いざなぎのみこと(伊邪那岐命)

¥120.000(税別)

DSC_0510

買ってくれるのかと思いましたが・・・

DSC_0512


DSC_0511

今日はメガネを買う企画じゃない!ということで販売にいたらず。

DSC_0513

石川町の非公認ヒーロー知ってます?と聞かれ

DSC_0514

パッと2人思いついたので2人知ってると答えました。

DSC_0534


まずは1人目のヒーローのもとへ・・・







DSC_0515

DSC_0516

DSC_0517

石川町の非公認ヒーロー すっし~ジョウ こと 大平常夫 さんです。

DSC_0518

太平さんは仕出し寿司のお店を経営している傍ら、趣味で発泡スチロールを加工して文字や看板を製作されてます。

DSC_0519

発泡スチロールでの寿司の文字がいたる所にあったことに対してのツッコミです。

これ以外にもたくさんの爆笑エピソードがありましたが割愛です。




DSC_0535


ようやく本命の非公認ヒーローに会うため石川町役場へ・・・

DSC_0536


DSC_0520

役場勤務のSさんと母心さん

DSC_0521

DSC_0522

DSC_0523

DSC_0524

DSC_0525

なんとSさんと関ちゃんが同じメガネ!もちろん2人ともメガネのサカイで作製です。

IMG_1826

REAL RF153WING 05 BOM-BA-YE!Ⅱ 


2人が同じメガネと気づいたオカンの観察力に脱帽です。

REALは基本的に1品番300本の生産で7~8色展開なので、どのモデルも30~40本しか生産されません。そんな希少なメガネが同じ画面に偶然こうして映るのは奇跡といっても大袈裟ではないと思います。


DSC_0526

最終的に本命の非公認ヒーロー ペグナイト に会うことが出来ました。



母心のオカンが「歴史に残る放送間違いなし」とブログで綴ってましたが、まさにその通りの神回だったと思います。ブログで伝えるのは難しいですが、すっし~ジョウ こと 大平常夫 さんのVTRでは福島中央テレビから見てる司会の徳光アナと大野アナがずっーと爆笑してました。ペグナイトから主役の座を奪い視聴者を爆笑の渦に包んだ大平さんは今回のMVPだと思います。


実質、ヒーローの企画でしたが終始メガネも取り上げてもらえたので個人的にも大満足の放送でした。今年はテレビ放送2回雑誌掲載2回と露出多き1年でした。 (健)












今日の石川町 晴れ


DSC_0529

世界文化社から毎月発行されているMEN'S EX !!

泣く子も黙るスーパーオシャレファッション雑誌です。



そのMEN'S EX 1月号に・・・・


DSC_0530

REAL RF163GOD ラインナップ店として名前を載せて頂きました。

DSC_0531

先月の眼鏡Beginに続き全国紙掲載です(今回は名前だけですが)!

2ヶ月連続の全国紙掲載なんてメガネのサカイ111年の歴史においても快挙といえる出来事かもしれません。
メガネのサカイ創業者である酒井誠一氏(1886~1967)がこのことを知ったら泣いて喜んでくれるのではないでしょうか(笑)

ある意味、先祖孝行が出来たので大満足であります。 (健)

このページのトップヘ